AC041 モシュリンの宝石箱

   南フランスの名物、オリーブの木から作られている、宝石箱。 バカンスの思い出に、
    お土産品として販売されておりました。 場所は、南仏カンヌと左上に、
    書かれております。 ビオラのフローラル、ミモザ、ハンドペイントされております。
    最近、とみに少なくなってきており、出会いがあると、連れてきます。郊外の
    臨時の市で、見つかりました。
    
    時代的には、20世紀の初めごろ、1920−40年だとおもいます。外側のオリーブの
    木も、飴色になっていまして、状態も良く、ダメージは、ありません。真鍮の
    金具もきちんと閉まります。2番目の画像、ほんの少し、角にあたりがあるくらいですが、
    目立ちません。

     サイズは、中位で、10x7cm 高さ5、3cmです。

      保証付の、コリシモ便での配送になり、送料込み。
     
          

       
 
      
       

     

     
    

     
販売価格 7,600円(内税)
型番 1920−40年代

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

yamazaki ruriko

更新は、時々ですが、サイト作りを楽しみたいです。 ご意見、アドバイスなどお待ちしております。